2015年08月30日

戦乱のゼンディカー

PAXでどんどん情報公開されていますね。

まずは新カード。新しいウラモグとギデオン。

b1ada1e2.jpg CNn7xxmUAAA7oDZ.jpg


新ウラモグ強くね?唱えた時にパーマネントを2枚追放、2回殴ると相手は死ぬ、加えて破壊不能。マナコストは超重量級だけど、なんか書いてあることおかしい気がする。
ギデオンは何種類も刷られてる割に、最初のギデオン以外全く使われているところを見たことなかったけど、今回のは2/2のトークンも出せるし結構強そうですね。

そして新しい2色土地。まさかのデュアルランドの亜種。

CNoBSvGUsAEgPDW.jpg


ショックランドよりも使いづらい感は否めないけど、スタンではニッサが使いやすくなるので非常にありがたい。下環境だとショックランドよりも使われない気がする。一応全色分欲しいっちゃほしいけど、必要な配色以外は発売直後にがっついて買う感じじゃないかも。

そして最後に、今回もトレジャーがあるらしい。

CNoDAD6UcAABew7.jpg


ファ!?ってなった。
トレジャーはまさかのフルアートフェッチランド。エキスパンションシンボルはゼンディカーのものですね。リミテッドでは使用可能で、構築ではフォーマット準拠だそうです。


剥かなくちゃ(使命感)
posted by 犬澤良兵衛 at 17:26| 神奈川 ☔| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

久々にFNM行ったら…

戦乱のゼンディカー発売間近だというのに、苦花を英語版で集めなおしたくなってしまった。

モダンのほうに黒単で参加したんだけど、急に白黒トークン使いたくなってきちゃった。
posted by 犬澤良兵衛 at 19:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

晴れる屋トーナメントセンター スタンダード杯 - 2015/08/01

改良したつもりが改悪していたっていういつものパターンだった。

参加人数43人
スイスドロー6回戦
使用デッキ:ニッサウィップ改(改"良"とは言ってない)
1回戦:飛行機械の諜報網入り青黒コントロール ○○
2回戦:赤黒バーン              ××
3回戦:アブザン戦士ビート          ×○○
4回戦:赤単バーン              ××
5回戦:アブザンエルフ            ×○×
6回戦:赤単ゴブリン             ××

バーン苦手なのわかってるからサイドに2枚《部族養い》を取っておいたけど、パワー4のクリーチャーが場に出るのが遅いからなのか、そもそも使い方間違ってるのかわからんが微妙だった。
5回戦目のエルフ、《衰滅》メインに4枚取ってるから有利に戦えるかなと思ったけど、後攻だと《衰滅》撃ってもエンド前に《集合した中隊打たれるからそんなに有利じゃなかった。テンポ的に見て《悲哀まみれ》じゃないと刺せない。赤が濃いなら《先祖の結集》も防げる《神々の憤怒》がベスト。

バーンと戦いアブザンにして包囲サイを採用したくなる誘惑に駆られ…
エルフと戦い《神々の憤怒》を採用するために赤を濃くして除去を《極上の炎技》にする衝動に駆られ…

ブレっブレだよ!

とりあえず、もう調整する時間もないし、ブレるのが一番まずい。
色を変えるのは却下。早いデッキに負けたのは、2マナ域が薄すぎて早いデッキに為す術がないのが原因であるはず。デッキの抜本的修正せず、金曜日のフライデーで《搭載歩行機械》を試すだけに止めよう。アイツ2マナでも強いっぽいし。
posted by 犬澤良兵衛 at 21:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

ニッサウィップ

《衰滅》は弱いと言ったが、あれは嘘だ。《衰滅》クッソ強かった。

7回戦であたった赤青アーティファクトみたいなデッキは絶対居るとおもって構築時から意識していたのだけれど、《ダークスティールの城塞》+《アーティファクトへの魂込め》のことを完全に失念していて、これに対する回答が《再利用の賢者》と《帰化》の計2枚しかなくてかなり危なかった。今日最も苦戦した4回戦のアブザンエンチャントに対する回答にもなるし、サイドに《帰化》か《再利用の賢者》をもう1枚追加したほうが良さげ。

他にも枚数減らして別のカード入れたほうが丸そうなところがいっぱい。
今夜いじって、明日気力があれば調整しにラストサン予選あたりに参加しようかな。


【ニッサウィップ】
クリーチャー:14
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》M15
1:《荒野の収穫者/Reaper of the Wilds》THS
1:《ファリカの癒し人/Pharika's Mender》THS
2:《光り葉の選別者/Gilt-Leaf Winnower》ORI
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》FRF
3:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》DTK
2:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》BNG

呪文:22
2:《究極の価格/Ultimate Price》DTK
2:《コラガンの命令/Kolaghan's Command》DTK
4:《英雄の破滅/Hero's Downfall》THS
4:《巨森の予見者、ニッサ+精霊信者の賢人、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer+Nissa, Sage Animist》ORI
2:《残忍な切断/Murderous Cut》KTK
2:《思考囲い/Thoughtseize》THS
4:《衰滅/Languish》ORI
2:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》THS

土地:24
3:《沼/Swamp》ORI
3:《山/Mountain》ORI
4:《森/Forest》ORI
2:《ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow》FRF
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》KTK
2:《悪意の神殿/Temple of Malice》BNG
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》KTK
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》JOU
1:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》ORI

サイドボード:15
2:《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》KTK
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》C14
1:《部族養い/Feed the Clan》KTK
1:《帰化/Naturalize》DTK
3:《強迫/Duress》DTK
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》DTK
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》BNG
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》FRF
1:《頂点捕食者、ガラク/Garruk, Apex Predator》M15
posted by 犬澤良兵衛 at 22:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回 ビギワン! 〜PWPLv30アンダー限定戦〜

ゲームデーに向けての調整がてら、晴れる屋でビギワン!に参加してきた。

参加人数80人
スイスドロー7回戦
使用デッキ:ニッサウィップ
1回戦:赤緑ドラゴン     ○○
2回戦:白赤トークン     ○×○
3回戦:白単ビートダウン   ○○
4回戦:アブザンエンチャント ○×○
5回戦:緑赤信心       ○○
6回戦:緑赤信心       ○○
7回戦:赤青アーティファクト ○○

久々のスタンダードな上にオリジン環境では大会初参加だったけど運良く優勝できた。
使用デッキのレシピは別記事で。
posted by 犬澤良兵衛 at 22:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

戦乱のゼンディカーへ

http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/uncharted-realms/20150722
戦乱のゼンディカーへのわくわく感半端ない。
posted by 犬澤良兵衛 at 10:13| 神奈川 ☔| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

日本語か英語か。

オリジン予約してきた。

オリジンを期に英語版に切り替えるか、それとも日本語のままで行くか悩んで、結論出せなかったから今までどおり日本語にしちゃったけど、英語にすればよかったかなぁ…

最初にMTGを始めた頃のデザインだと日本語版が好きなんだけど、デザイン変更後は何故か英語の方が好き。自分でも差はよくわからないが。
今までも日本語統一か英語統一かでブレまくって、《不毛の大地》とか日本語で揃えてる割に《リシャーダの港》は英語なんだよね。逆に言えば、デッキ内に入ってる4枚の言語が揃っていれば良くて、デッキ全体の言語統一にはそこまでこだわりはないわけなんだけど。

日本語を使う利点は、相手が効果わからなかったときにテキスト提示するだけで済むところなんだけど、極たまに当たる英語圏の方とやるときは同じ理由で英語のほうが楽だし。
カード名については日本語も英語もそれぞれ好きなんだよね。オリジンのカードで言えば《精霊信者の剣/Sword of the Animist》とか日本語名も英語名もどっちも好き。

うーん、ほんとどうしよっかなぁ。
posted by 犬澤良兵衛 at 18:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジック・オリジン 全カード公開

http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/magicorigins#

最初にプレインズウォーカーサイクルを見た時は塩箱かとおもったけど、あとから強いカードが公開されていき、振り返ってみれば全体的にカードパワーが高い。

とりあえず功名持ちが単純に強そう。

jp_gnlMe4QbFt.png

jp_Gm13jtnCAy.png

jp_A0zBMExvNg.png

タルキールは多色環境だったけど、単色で強いカードが増えてスタンでも単色が組みやすくなったかもしれない。単色好きとしては嬉しい限り。
posted by 犬澤良兵衛 at 02:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

感染と絆魂

感染と絆魂を持つクリーチャーが戦闘ダメージ与えた場合、ちゃんと絆魂で回復できるらしい。
感染と接死を持つクリーチャーの場合も同様で、接死が適用されるそうな。

知らなかった…
posted by 犬澤良兵衛 at 00:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

《台所の嫌がらせ屋》対策

黒の除去は基本的に破壊なので、黒単では基本的に《台所の嫌がらせ屋》の頑強を阻止しつつ始末できないわけで…
そこで無い知恵絞って出した対策案が、プロテクション持ちのクリーチャーで地上をシャットアウトしてしまえば良いのではなかろうかというもの。
《台所の嫌がらせ屋》対策であるので、候補となるクリーチャーは点数で見たマナコストが3マナ以下かつ、白か緑に対するプロテクションを持っていることが条件かな。この条件でWizdomGuildで検索をかけてみたら、次のような結果を得られた。


《黒騎士/Black Knight》(黒)(黒)
先制攻撃、プロテクション(白)
2/2

《ドロスの収穫者/Dross Harvester》(1)(黒)(黒)
プロテクション(白)
あなたの終了ステップの開始時に、あなたは4点のライフを失う。
クリーチャーが死亡するたび、あなたは2点のライフを得る。
4/4

《砂丘乗りの無法者/Dunerider Outlaw》(黒)(黒)
プロテクション(緑)
各終了ステップの開始時に、このターン砂丘乗りの無法者が対戦相手にダメージを与えていた場合、その上に+1/+1カウンターを1個置く。
1/1

《残虐の手/Hand of Cruelty》(黒)(黒)
プロテクション(白)
武士道1
2/2

《悪名の騎士/Knight of Infamy》(1)(黒)
プロテクション(白)、賛美
2/1

《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》(1)(黒)(黒)
先制攻撃、プロテクション(赤)、プロテクション(白)、感染
2/2

《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》(1)(白/黒)(白/黒)
プロテクション(白)、プロテクション(黒)
(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで飛行を得る。
(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで先制攻撃を得る。
(白/黒)(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
2/1

《ストロームガルドの十字軍/Stromgald Crusader》(黒)(黒)
プロテクション(白)
(黒):ストロームガルドの十字軍はターン終了時まで飛行を得る。
(黒)(黒):ストロームガルドの十字軍はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
2/1


条件に該当するクリーチャーは上記8種。
また《ドロスの収穫者》は今のデッキ構成に追加するにはデメリット効果が厳しすぎるので候補から除外かな。
あと、タフネスが1のものは《妄信的迫害》で《闇の腹心》ごと流されそうなので除外。ただし《静月の騎兵》はプロテクション(黒)により、《突然の衰微》で除去されないという他には無い強みがあるため残す。
《黒騎士》と《残虐の手》は先制攻撃か武士道かの差でそこまで大差無いけど、強いていうならタフネス3が倒せる武士道のほうが好み。なので《黒騎士》は除外。
そうして残る候補は下記の3種。


《残虐の手/Hand of Cruelty》
長所:2マナでテンポよく出せる。
   武士道により戦闘時は実質3/3。
短所:《突然の衰微》で除去される。
   《稲妻》で除去される(対ジャンド)

《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》
長所:感染により頑強を誘発させない。
   先制攻撃で-1/-1カウンターを2つの乗せるので、戦闘時は実質4/4。
   《稲妻》で除去されない。
   相手に無限ライフされた後でも、毒カウンターでワンチャン。
短所:《突然の衰微》で除去される。
   感染持ちのため追加のクロックにならない。

《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
長所:《突然の衰微》で除去されない(《四肢切断》等でも除去されない)
   パンプで終盤でもクロックになれる。
   先制攻撃+パンプで戦闘にもそこそこ強い。
   プロテクション以外の回避能力がある。
短所:《稲妻》で除去される(対ジャンド)
   《妄信的迫害》で除去される。


各クリーチャーの特徴はこんなところかな?
3枚とも好みのカードなのですが、この中でも特に《ファイレクシアの十字軍》は私の好みであるのと、何より《台所の嫌がらせ屋》対策という意味では頑強を誘発させない点が非常に重要なので、まずは《ファイレクシアの十字軍》から試してみようと思います。


ちなみにクリーチャー以外の対策カードもいろいろと考えた結果、下記の2種まで候補を絞りました。
こちらも合わせて試してみるつもりです。

《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》(X)(黒)(黒)
ソーサリー
各クリーチャーの上に-1/-1カウンターをX個置く。黒の太陽の頂点をオーナーのライブラリーに加えて切り直す。

《恒久の拷問/Everlasting Torment》(2)(黒/赤)
エンチャント
プレイヤーはライフを得られない。
ダメージは軽減されない。
すべてのダメージは、その発生源が萎縮を持っているかのように与えられる。



《台所の嫌がらせ屋》対策に限らず、試したいことが多すぎて困る。
7月までにデッキを納得のいくところまで仕上げたいんだけど、間に合うかなぁ…
posted by 犬澤良兵衛 at 00:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。