2015年09月13日

METAL GEAR SOLID V

とりあえずメインミッション全部クリアした。

ゲームとしてはすごく面白かった。ストーリーも個人的には良いと思う。だが、ストーリーの打ち切り感が半端ない。回収されない伏線が多すぎる。

気になって調べてみたら、開発開始当初は全5章の予定が、2章(私見だと2章の途中まで?)しか収録されていないとのこと。開発チームが期限を守れなかったのか、コナミの経営層が発売を早める指示をしたのか、プロダクション制度の廃止によって発売せざるを得なかったのか、いずれにせよゲームの基盤部分は完成しているものの、内容は予定していたボリュームの半分も作られていないようだ。FOXENGINEの開発に金と時間をかけすぎたのだろうか?

小島監督の「最後のメタルギア」詐欺はいつものことなので続編や完全版にも期待したいところだが、据え置き機向けゲームの開発を軽視している今のコナミの経営方針では望み薄だ。同じくFOXENGINEを利用して制作予定だったサイレントヒルの続編についても開発中止になったようだし、膨大な金と技術と時間をつぎ込んで作られたFOXENGINEがあまり使われなさそうなのが残念でならない。
posted by 犬澤良兵衛 at 20:56| 神奈川 ☁| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解析すると胸部にS字型の傷のあるザ・ボスらしきキャラとかのデータが入っているんだってね
小島監督コナミに追い出せれちゃったから、終わる終わる詐欺も何も今作で終わりでしょ
最近のコナミがクズすぎて一切お金落としたくないわ
Posted by 夢珠さん at 2015年09月15日 00:01
小島監督ってプロダクション解体と役員降格だけで、コナミには残ってるんじゃないっけ?
(なんかインターネットから隔離された部署とかいう追い出し部屋くさいところにいるとかいう噂もあるが)
Posted by 犬 at 2015年09月15日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。