2015年06月16日

《台所の嫌がらせ屋》対策

黒の除去は基本的に破壊なので、黒単では基本的に《台所の嫌がらせ屋》の頑強を阻止しつつ始末できないわけで…
そこで無い知恵絞って出した対策案が、プロテクション持ちのクリーチャーで地上をシャットアウトしてしまえば良いのではなかろうかというもの。
《台所の嫌がらせ屋》対策であるので、候補となるクリーチャーは点数で見たマナコストが3マナ以下かつ、白か緑に対するプロテクションを持っていることが条件かな。この条件でWizdomGuildで検索をかけてみたら、次のような結果を得られた。


《黒騎士/Black Knight》(黒)(黒)
先制攻撃、プロテクション(白)
2/2

《ドロスの収穫者/Dross Harvester》(1)(黒)(黒)
プロテクション(白)
あなたの終了ステップの開始時に、あなたは4点のライフを失う。
クリーチャーが死亡するたび、あなたは2点のライフを得る。
4/4

《砂丘乗りの無法者/Dunerider Outlaw》(黒)(黒)
プロテクション(緑)
各終了ステップの開始時に、このターン砂丘乗りの無法者が対戦相手にダメージを与えていた場合、その上に+1/+1カウンターを1個置く。
1/1

《残虐の手/Hand of Cruelty》(黒)(黒)
プロテクション(白)
武士道1
2/2

《悪名の騎士/Knight of Infamy》(1)(黒)
プロテクション(白)、賛美
2/1

《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》(1)(黒)(黒)
先制攻撃、プロテクション(赤)、プロテクション(白)、感染
2/2

《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》(1)(白/黒)(白/黒)
プロテクション(白)、プロテクション(黒)
(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで飛行を得る。
(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで先制攻撃を得る。
(白/黒)(白/黒):静月の騎兵はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
2/1

《ストロームガルドの十字軍/Stromgald Crusader》(黒)(黒)
プロテクション(白)
(黒):ストロームガルドの十字軍はターン終了時まで飛行を得る。
(黒)(黒):ストロームガルドの十字軍はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
2/1


条件に該当するクリーチャーは上記8種。
また《ドロスの収穫者》は今のデッキ構成に追加するにはデメリット効果が厳しすぎるので候補から除外かな。
あと、タフネスが1のものは《妄信的迫害》で《闇の腹心》ごと流されそうなので除外。ただし《静月の騎兵》はプロテクション(黒)により、《突然の衰微》で除去されないという他には無い強みがあるため残す。
《黒騎士》と《残虐の手》は先制攻撃か武士道かの差でそこまで大差無いけど、強いていうならタフネス3が倒せる武士道のほうが好み。なので《黒騎士》は除外。
そうして残る候補は下記の3種。


《残虐の手/Hand of Cruelty》
長所:2マナでテンポよく出せる。
   武士道により戦闘時は実質3/3。
短所:《突然の衰微》で除去される。
   《稲妻》で除去される(対ジャンド)

《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》
長所:感染により頑強を誘発させない。
   先制攻撃で-1/-1カウンターを2つの乗せるので、戦闘時は実質4/4。
   《稲妻》で除去されない。
   相手に無限ライフされた後でも、毒カウンターでワンチャン。
短所:《突然の衰微》で除去される。
   感染持ちのため追加のクロックにならない。

《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
長所:《突然の衰微》で除去されない(《四肢切断》等でも除去されない)
   パンプで終盤でもクロックになれる。
   先制攻撃+パンプで戦闘にもそこそこ強い。
   プロテクション以外の回避能力がある。
短所:《稲妻》で除去される(対ジャンド)
   《妄信的迫害》で除去される。


各クリーチャーの特徴はこんなところかな?
3枚とも好みのカードなのですが、この中でも特に《ファイレクシアの十字軍》は私の好みであるのと、何より《台所の嫌がらせ屋》対策という意味では頑強を誘発させない点が非常に重要なので、まずは《ファイレクシアの十字軍》から試してみようと思います。


ちなみにクリーチャー以外の対策カードもいろいろと考えた結果、下記の2種まで候補を絞りました。
こちらも合わせて試してみるつもりです。

《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》(X)(黒)(黒)
ソーサリー
各クリーチャーの上に-1/-1カウンターをX個置く。黒の太陽の頂点をオーナーのライブラリーに加えて切り直す。

《恒久の拷問/Everlasting Torment》(2)(黒/赤)
エンチャント
プレイヤーはライフを得られない。
ダメージは軽減されない。
すべてのダメージは、その発生源が萎縮を持っているかのように与えられる。



《台所の嫌がらせ屋》対策に限らず、試したいことが多すぎて困る。
7月までにデッキを納得のいくところまで仕上げたいんだけど、間に合うかなぁ…
posted by 犬澤良兵衛 at 00:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。