2014年12月16日

終焉

2015年01月の制限改定による変更。知った名前のやつらがびっくりビークリエイティブされて帰ってきた。別カードとして刷らなかったのは、次の映画が関係しているのだろうか?

【禁止】
《大嵐》

【制限】
《混沌帝龍 −終焉の使者−》
《キラー・スネーク》
《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
《センジュ・ゴッド》
《マンジュ・ゴッド》
《ユニコールの影霊衣》
《簡易融合》
《王家の神殿》
《儀式の準備》
《継承の印》
《超融合》
《ハーピィの羽根帚》
《現世と冥界の逆転》
《死のデッキ破壊ウイルス》
《破壊輪》

【準制限】
《甲虫装機 ホーネット》
《海皇の竜騎隊》
《No.11 ビッグ・アイ》
《立炎星−トウケイ》
《モンスターゲート》

【制限解除】
《ヴェルズ・オピオン》
《先史遺産ネブラ・ディスク》
《カードガンナー》
《TG ストライカー》
《トラゴエディア》
《ローンファイア・ブロッサム》
《召集の聖刻印》
《ヒーローアライブ》
《おジャマトリオ》


【エラッタカード】
《混沌帝龍 −終焉の使者−》
星8 闇 ドラゴン族/特殊召喚 3000/2500
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。@:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

《キラー・スネーク》
星1 水 爬虫類族 300/250
「キラー・スネーク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。@:このカードが墓地に存在する場合、自分スタンバイフェイズに発動できる。このカードを手札に戻す。次の相手エンドフェイズに自分の墓地の「キラー・スネーク」1体を選んで除外する。

《王家の神殿》
永続魔法
「王家の神殿」の@Aの効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。@:自分は罠カード1枚をセットしたターンに発動できる。A:自分フィールドの表側表示の「聖獣セルケト」1体とこのカードを墓地へ送ってこの効果を発動できる。手札・デッキのモンスター1体またはエクストラデッキの融合モンスター1体を特殊召喚する。

《現世と冥界の逆転》
通常罠
「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。@:お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、その後デッキをシャッフルする。

《死のデッキ破壊ウイルス》
通常罠
@:自分フィールドの攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールドのモンスター及び相手の手札を全て確認し、その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。その後、相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

《破壊輪》
通常罠
「破壊輪」は1ターンに1枚しか発動できない。@:相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを破壊し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。
posted by 犬澤良兵衛 at 21:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。