2012年07月07日

BW2 でんどういり

遅ればせながらようやく先ほど殿堂入りしました。でんどういり時点での手持ちポケはこんな感じ。

Lv.65 ムーランド
序盤からでんどういりまで困ったときはこいつの「おんがえし」でごり押し。チャンピオンもほかのポケモンを犠牲にしながらこいつを回復させて押し切った感じ。
「なみのり」「かいりき」要員でもある。

Lv.59 ジャローダ
序盤で一度スタメン落ちしたけど、最後のジムリーダー戦を機に復帰。そこから外れることなくでんどういりメンバーに。なんだかんだでムーランドに次ぐ活躍っぷりだった。
「たべのこし」+「やどりぎのたね」でHPを維持して、「とぐろをまく」をフルに積んでからの無双。レンブみたいな脳筋で状態異常攻撃をほとんどしてこないやつはほぼこいつでストレート。

Lv.53 ガーディ
探索が足りなかったのかほのおのいしが手に入らず、結局進化前のままでんどういり。四天王戦ではほとんど威嚇を入れつつ後続を無償降臨させるおとり役になってしまいましたが、序盤から終盤までムーランド、ペンドラーとともに最前線に立ち続けてストーリー攻略に貢献してくれました。

Lv.54 ペンドラー
その耐久性で「どくどく」+「てっぺき」。その速度で「ハードローラー」。耐久型や虫弱点ポケモンを蹂躙するのに役立ってくれました。「どくどく」を覚えるのが遅いのが難点でしたが、虫弱点を刺す役割として序盤から終盤まで貢献してくれました。

Lv.46 ウォーグル
「そらをとぶ」「いあいぎり」要員。後続の無償降臨用のおとり。

Lv.20 ルリリ
滝登り要員。後続の無償後輪用のおとり。


私はいつも4匹戦闘用2匹便利要員で序盤から終盤までパーティ固定(相性が悪くても力ずくで押し切る)なんですが、今回もまったく同じでしたね。
特に今回は序盤で「おんがえし」がもらえたので、ほとんどおんがえしゲーでした。


さて、これでようやく対戦用ポケモンの育成ができる。といいたいところですが、まずはパワー系アイテムを確保するためにBWからポケモンをつれてきて地下鉄引きこもりゲーですね。
posted by 犬澤良兵衛 at 23:23| 神奈川 ☔| Comment(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。